2013年07月31日

WBC今頃ごめんなさい/iwamura

WBCシゴトで全く見れなくて、決勝戦9回ぐらいの時刻に、偶然恵比寿で お取引先様 とばったり会い、全く仕事の話だけですれ違うという、ある意味、それはそれで闘ってるからいいのかなー、なんて思ってたんですが、昨夜あたりからぞくぞくとアップされはじめたYouTubeの動画(そろそろ消されちゃうかな? )を見ていたら、やっぱり日本人として熱くなってしまったのでエントリー. やっぱり 革命家カストロ も、「 野球のドラマ 」が好きなんだろうなあと. サッカーももちろん、ドラマあるんですけれども、野球が映画や漫画になりやすいのは、やっぱり、お話になりやすいからなんだろうなあと思ったり. 【リオデジャネイロ=小寺以作】キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長(82)は24日、日韓対決となった決勝戦について「 両チームの質を証明するかのように、想像できる限り、最も緊迫した試合 の一つとなった」と指摘. 日本の専門家や打者が、2敗を喫した韓国先発の奉重根(ボンジュングン)投手をよく研究していたことや、 原監督の投手起用を勝因に あげた. また、前議長は、決 勝打を放ったイチローについて、「間違いなく、世界最高の打者だ」と激賞 した. ※ YOMIURI ONLINE より抜粋(部分略) これ、ソースはキューバ政府系ウェブサイト( ここ )ですね. 日本語訳はGoogleさんにお願いすると こんな感じ (笑). ニュアンスは伝わりますね. 完全に 野球好きの(うるさい)オヤジ (笑). ティンバーランド ブーツ アメリカン・ビューティ 以前、どっかの野球ファンブログが、「 『サッカー』こどもの球遊び 」と揶揄したところ、大手サッカーファンブログが「 『野球』はオヤジの暇つぶし 」とやり返したことがあった(笑). でもね、いいんですよ. 歳とっても、酒飲みながらできたり、試合状況を時系列であとあとからでも(数日後のブログでとかでも→わたしのことですね)分析しやすいところは、「オヤジむき」なのかもしれないけれど、それがよくて(笑). 椎名誠さん がやってる「 浮き球▲(三角)ベースボール 」開幕戦が今週末! 守備をしながら、又の下に缶ビール (笑)! という未来の見える小生としては、それもまた、野球の良さであるような気がしているのです. 見れなかった皆さんに、イチローの決勝打の瞬間を. 見てない人は、元気になると思うので、いろいろあるけれどもアップです. サッカー用品 みなさんもよい週末を.
posted by NakaneAiko at 23:54| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

テラビシアにかける橋』

児童文学の世界ではかなり有名らしいこのキャサリン・パターソン著の原作をあのウォルデン・メディアが製作したということで見てみたのですが、正直前評判ほどの映画ではありませんでした. もちろんおすぎさんのTVCM宣伝など全く参考にもしていませんが、それでもこの映画は観客の想像力を奪う蛇足的な映像が実に多すぎることが原因だったと思います. そもそもこの映画の主人公の年頃なら誰でも友人と秘密基地を作った経験はあると思います. 自分たちだけの秘密の場所に、自分たちの力だけで作った基地があり、自分たちの好きなものだけをそこに持ち込める、子供にとってはとても神聖な場所です. ジェスとレスリーも自分たちの秘密基地を「テラビシア」と名付け、空想の中で悪役を作っては2人で協力して基地を守るというのも大人には懐かしい感じがします. でもだからといってジェスとレスリーはテラビシアで最も足が速い2人からといって陳腐なCGを盛り込んだりするのは蛇足だと思います. これはあくまでもジェスとレスリーの世界であって、あの2人が自分たちは速いと思い込んで遊んでいるのだからわざわざエイトマンみたいな描き方をする必要なんてないと思います. ああいう遊びをしたことのある大人なら誰もが同類の体験をしているはずなので、あんな分かりやすい映像を盛り込むよりも観客の実体験とリンクさせるような演出で十分だったと思います. そしてラストでジェスが作ったテラビシアにかける橋が装飾されていくシーンは最悪だったと思います. ジェスが大切な人のために一生懸命作った橋は、見た目はあんな手作り感があるものでも、ジェスたちや観客の心の中ではCGで装飾されたような素敵な橋であることは誰もが分かっていることです. macciaprobel それなのに見てくれではなくジェスの想いがいっぱい詰まったあの橋をわざわざCGで装飾してしまうと、観客の実体験、特に子供の頃に大切な人のために何かを一生懸命作ったという思い出にリンクしにくくなってしまいます. こういう映画は主人公の2人を通じて観客にそれぞれの実体験を思い起こさせるべき演出をしてこそ、より大きな感動が生まれるはずなのに・・・本当に蛇足としか言い様のない映像のせいで感動が削がれてしまいましたよ. 逆に先生への憧れやいじめ問題、貧富の差、親との関係などの子供にとっては重要な問題はあっさりしていたのもマイナス要素でし、そもそも「テラビシア」の由来は? ですよ. ただ『ターミネーター2』のリキッドメタルでお馴染みのロバート・パトリックが今やアメリカの典型的な父親を演じて、顔も雰囲気もすっかり丸くなっていることには驚きました. でもそれよりも驚いたのはレスリー役のアンナソフィア・ロブちゃん. Adidas 男性 かわいい娘だな~と思って見ていたら、なんと彼女はあの 『チャーリーとチョコレート工場』 でリスをおねだりした生意気な小娘だとか. いや~女の子ってほんの数年であんなに変わっちゃうんですね. この先、もっときれいな女優さんになってくれることを心から期待するばかりですよ. 深夜らじお@の映画館 は他所様の物置を勝手に簡易秘密基地にしていたことがあります.
posted by NakaneAiko at 09:59| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

GSワンダーランド』

ザ・タイツメンの美しい思い出を最後の最後でフレッシュマンズが全部持っていっちゃった! グループサウンズを知らない世代でも十分楽しめるだけでなく、ザ・タイツメンの4人が奏でる「海岸線のホテル」などの楽曲を聴いていると、凄く温かな気持ちになれるこの哀愁ある青春映画. 是非王子様萌えの方はご覧になってください. 日劇に立ちたいというマサオ、ケン、シュンタと歌手になりたいというミク. この男3人と女1人の思惑がGSブームに乗りたい佐々木と梶井の思惑と絡んで生まれたのが「タイツ履いてニュー歌謡」のザ・タイツメンなんですが、まずこの安直すぎる命名が面白すぎます. しかもマッシュルームカットに白タイツにフリフリ衣装という完全装備で「男性4人組」として売り出しちゃうんですから、まぁ何だかんだあるのは当たり前の話. でもこの映画はそんな4人が純粋に音楽を追い求める姿を描くような安直な青春映画ではなく、GSという一大ブームを通して「自分のやりたかった夢と自分たちの現状とのギャップに悩む姿」を描いているので、今青春を謳歌している世代よりもかつて夢を追いかけたことのある全ての大人が懐かしみながら心の奥底に仕舞い込んだ熱き魂の夢跡をもう一度思い出すことができるノスタルジーな作りになっているんですよね. しかもこのノスタルジーな空気をいつも営業会議でザ・タイガースのサリー社長にゴマをする幹部たちにドヤされている佐々木や、かつて音楽で夢破れて裏方に回った梶井を用いてしんみりと感じさせてくれるのがまたいいこと. 特に佐々木を演じた杉本哲太さんのあの哀愁ある演技は最高で、ザ・タイツメンと梶井を黙って優しく「見守ってくれている」という表現がまさにぴったり. またミクが女性であることを自ら語った後のマサオ、ケン、シュンタのミクを応援するという優しさや4人が共同生活を送っていたアパートを出る時の淋しさといった哀愁が、ミクがソロデビューする時に「祭だ! 」と走り回るマサオたちの「夢破れても仲間にまだ夢を追い続けるヤツがいる限り、その仲間を精一杯応援し続ける限り、自分の青春はまだ終わらない! 」という熱い魂へと変わっていくのもいい. ですからザ・タイツメンの解散コンサートも、ミクが売れっ子歌手としてTV番組でも歌うようになった姿にも自然と心が温かくなってくるんです. なのにそれが最後の最後で「今年の代表曲筆頭候補」として挙げられたのがミクではなく、誰も楽器ができないからヴォイストレーニングを断られ、マサオたちの影武者としてタイツとフリフリ衣装で時にはザ・タイツメンファンやタツオたち即席ロッカーを撹乱していたフレッシュマンズって! 一番夢が叶いそうにないと思われていたオッサン4人組が後方大外から一気に抜き去っていくサラブレッドのように最後の最後で大逆転してましたってオチ. いや最高ですわ. 深夜らじお@の映画館 は王子様衣装だけは御勘弁です. nike エアマックス ※お知らせとお願い ■ 【元町映画館】 に行こう.
posted by NakaneAiko at 21:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。